サイト内検索
鳥取県西部のお天気地域活動情報ケーブルテレビ町営バス路線図町営バス時刻表

福栄神社「招福袋」できました
 
「福が栄える」という大変縁起の良い名前の神社、「福栄神社」
福栄神社

 福栄神社は、古くは田中大明神と唱え、当時の郷内九ヶ村の
 産土神として信仰を集めていました。
 また、日野郡一帯は古くから「印賀鋼」など全国的に有名な
 玉鋼を産出し、タタラ製鉄で栄えていました。
 福栄地区においても、良質な「玉鋼」の原料となる砂鉄が
 取れる山が多く存在し、各所に祭神として崇め奉っていました。
 大正二年一二月二六日、近隣の神社を合併して、豊栄・
 神福・福塚の縁起の良い地名を持つ社地を妙見山麓に
 合祀して、福が栄え、幸せを運ぶ「福栄神社」と
 改称されました。


招福袋
 日南町福栄まちづくり協議会では、昨年末から「福が栄える」
 という大変縁起の良い名前の神社、「福栄神社」を町内外へ
 PRし、地域おこしにつなげていこうと取り組んでいるところ
 ですが、このたび、福を招く「招福袋」を作製しました。
 この福袋、淡いピンク色をしていますが、この色は風水で
 「幸運を運ぶ色」として有名で、地域の方が、購入いただいた
 方へ幸運を引き寄せるよう願いながら1個ずつ、草木染めで
 手作りしています。

当サイトについてサイトマップリンク集
このページのトップへ